head_img_slim

information

お問い合わせボタン

HOME > 五十肩・四十肩のページ

五十肩・四十肩

gojyukata01

五十肩とは、五十代の方が肩が痛くて動かせない、挙がらないなどの症状のことを言います。同じく四十肩は、四十代の方が肩が痛くて動かせない、挙がらないなどの症状のことを言います。ただ年齢だけの違いです。四十代、五十代の方に多い症状だからです。

でも、三十代の方や六十代の方が同じ症状になることもあります。最近では、私の院でも二十代の方が同じような症状でくることも、しばしばあります。

医学的には、肩関節周囲炎と言います。


 

どんな症状が出るの?

人によってさまざまですが徐々に症状が出る方は、始めは肩を動かした時に何となく重い感じや動かしづらさを感じたり、手を後ろに回すのがしずらい、髪の毛を洗うのが辛いなどの症状が出ますが、ほっとけば良くなると考え、みなさん放置してしまう方が多いです。

それから徐々に痛みが出てきて、思うように肩をうごかせなくなったり手が挙がらなくなったり、ひどくなると何もしていなくても肩が痛い、痛みで夜ねむれない、激痛を伴うこともあります。始めから、かなりの痛みが出る方もいらっしゃいます。


 

どんな人がなりやすいの?

この6つの中で、当てはまることが多ければ多いほど、なりやすくなりますので注意して下さいね。

icon_next 主に、肩をあまり動かさない人(手を挙げたり、回したり)
昔と比べて生活の中で手を挙げる動作をすることがあまりなくなりましたね。


icon_next パソコンやスマホを長い時間、毎日している人
徐々に肩や肘に負担がかかって来ます。毎日の積み重ねで悪くなっていきます。


icon_next 肩に負担がかかる仕事をされている人
重い物を持ったり、手を長時間挙げて作業をする方など


icon_next 猫背の人
背中がまるまると身体の構造上、手が上にあがりにくくなります。

それを無理やりあげていると徐々に肩の筋肉や腱をキズつけてしまいます。


icon_next 昔、肩や肘を痛めたことがある、運動などで酷使したことがある人
昔、野球のピッチャーをしていたり、バレーボール、テニスなど肩を激しく使ったことのある方は老化と共に筋力が低下して来た時に症状が出て来る場合があります。


icon_next 運動不足の人
身体の動き、各関節の動きの低下や筋力の低下などが重なり症状が出やすくなります。


 

予防するには?

毎日、体操などで身体を動かすことがとても重要です。それと、生活習慣の見直しが大きな予防になります。

パソコンを30分したら、伸びをして手や肩、身体を伸ばす。ストレッチなどをする。ちょっとした生活習慣の改善で予防できますので、みなさんチャレンジしてみて下さいね。


 

開成カイロプラクティックSIOの五十肩・四十肩の施術法

tsuishin

なった方でしたら解ると思いますが、痛みで動かせない、少し動かしただけでも痛い。大変つらいですね。いつ良くなるのか?不安ですね。

安心して当院におまかせ下さい。

当院は基本的に痛い施術はいたしませんのでご安心ください。

特に五十肩・四十肩の施術には力を入れております!

原因はさまざまあります。肩そのものが原因の場合もありますが、首や腰、肘や手首が原因の時もあります。または肩から遠く離れている足が原因の場合もあります。

当院は、体全体を検査し原因を見つけ、その方にあった方法で症状を良くして行きます。また、家でできる簡単な体操やセルフケアなども指導していて、みなさまに大好評です。


 

アクセス

院名 開成カイロプラクティック SIO
住所 〒258-0021 神奈川県足柄上郡開成町吉田島3757-2-B
アクセス 小田急小田原線 開成駅 西口から徒歩1分
マックスバリュ開成駅前店の駐車場向かい。入船食堂の横


 

お問い合わせは今スグこちら!

電話番号 0120-40-4970
icon お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る