head_img_slim

information

お問い合わせボタン

HOME > 五十肩の症例ページ

五十肩の症例・こんな症状の方が良くなりました

五十肩・四十肩 症例1

患者さん

68歳 男性 南足柄市在住 職業 保険代理店


初回来院

2016年3月


どんな症状ですか?

jintaizu_gojyukata

3ヶ月前から左肩が痛くて手があがらない。物を持つ時に困る。

特に車に乗っていて左手で後部座席にある物を取る時が激痛。

仕事中もうっかり動かして痛みが出てしまう。


使用しているお薬はありますか?

特になし


施術内容と経過

問診で3ヶ月前から左肩が痛くなって手が挙がらないこと、4年前に腎臓の疾患で左腎臓を手術で摘出。今、前立腺がんを患っているが日常生活には問題ない。経過観察中であると確認。疲れてくると両方のふくらはぎが張って痛くなる。

初回 施術前 左肩 前方挙上 150° 側方挙上 110°で痛み

施術後

初回: 左肩 前方挙上 160° 側方挙上 160°まで挙がるようになった。

2回目(1週間後): 左肩 前方挙上 160° 側方挙上 160°まで挙がるようになった。

3回目(1週間後): 左肩 前方挙上 160° 側方挙上 160°まで挙がるようになった。

4回目(1週間後): 左肩 前方挙上 170° 側方挙上 160°まで挙がるようになった。朝、起きた時が左肩が痛くて挙がらない。動いていると徐々に挙がるようになる。内蔵調整を行ったら、前方挙上が良くなる。

5回目(2週間後): 左肩 前方挙上 170° 側方挙上 160°まで挙がるようになった。左肩、痛みがひいてきた。

6回目(3週間後): 左肩 前方挙上 OK 側方挙上 170°まで挙がるようになった。仕事中、痛みなし。

7回目(4週間後): 左肩 前方挙上 OK 側方挙上 OK まで挙がるようになった。

施術終了。


同時に施術した所

ふらはぎ


使用した施術法

三発調整、ねじれとり、骨盤調整、五十肩A、B、C調整、内蔵調整G、内臓調整S、筋膜調整U、頚椎調整、後頭骨調整


考察

初回の来院時、姿勢も悪く猫背ぎみでした。特に左肩の肩甲骨の内側下あたりの筋肉が固く少し盛り上がっていて、負担がかかっているなと思いました。疲れるとふくらはぎが張って来て痛くなるということだったので、血液の循環やリンパの流れも悪いと思い、内蔵調整をしたところ最後の引っ掛かりがとれました。

患者さまも、とても頑張ってセルフケアの体操をしっかり行なってくれたので、思ったよりも早く改善できました。


お問い合わせは今スグこちら!

電話番号 0120-40-4970
icon お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る