head_img_slim

information

お問い合わせボタン

HOME > 肘の痛み

肘の痛み

「最近、洗い物をしてると肘に痛みが出るのよ」
また「大好きなテニスやゴルフをやると痛みがでるのよ」

 

その肘の痛み、テニス肘・ゴルフ肘・スマホ肘かもしれませんよ!


 

このような肘の症状や痛み、悩みでお困りではありませんか?

肘の内側や外側に痛みや違和感がある。

痛みでペットボトルのふたが開けられない。

バックやカバンを持つと痛い。

パソコンや仕事をすると肘が痛くてつらい。

痛くて雑巾がしぼれない。

痛みや不安で大好きなゴルフやテニスが出来ない。

病院で手術しかないと言われた。

マッサージなどではなく、本気で改善を目的とした施術院に行きたい。

このまま痛みが良くならなくて、いつまでも痛みが続くのではと不安になる。

そのお悩み当院にお任せください。


 

肘の痛みとは?

まず肘関節とは、手首より上の前腕の骨、親指側の骨(橈骨【とうこつ】)
と小指側の骨(尺骨【しゃっこつ】)と肘関節より上の上腕の骨(上腕骨
【じょうわんこつ】)の3つの骨により関節を作っています。

この3つの骨で関節を作ることによって、手首の関節と肩の関節と連動して
ごはんを食べたり、ボールを投げたり、歯を磨いたり、髪の毛を結んだり
と様々な動きが出来るようになっています。

また、肩の関節と手首の関節の真ん中にある関節なので、両方の関節より
影響をうけやすい関節でもあります。

体のゆがみやバランスの崩れなどによって、肩こりや肩関節の動きが悪く
なると、肩関節の動きを補おうとして肘関節が頑張ります。

その結果、疲労や頑張りすぎて限界が来て肘が伸びなくなったり、
曲げられなくなったりして、肘に痛みや違和感が出てしまいます。
同様に手首の動きが悪くなっても、肘関節に負担がかかります。

ひどくなると、肘にシビレが出たり変形性肘関節症になってしまうこと
もあります。


 

どんな症状が出るの?

「野球肘」や「ゴルフ肘」、「フォアハンド テニス肘」「スマホ肘(内側)」
などの呼び名がある肘の痛み、医学的に「上腕骨内側上顆炎」と言われる病名は、
肘の内側、うちがわに痛みがでる肘の症状のことを言います。

次に、肘の外側、そとがわに痛みが出る症状の呼び名は、「テニス肘(バックハンドテニス肘)」
「スマホ肘(外側)」「パソコン肘」など、医学的には「上腕骨外側上顆炎」と言います。
肘の外側、そとがわに痛みがでる肘の症状のことを言います。

日常生活の中では、包丁を握ったり、雑巾を絞ったり、ドアノブを回したり、ペットボトルの
キャップを開けたり、買い物袋やバックを持ったり、つり革につかまったり、パソコンの操作や
スマホの操作、重い物を持ったりすると痛みが出たりします。

注意:症状が軽いうちに改善しないと、変形性肘関節症になってしまって痛みやシビレが取れにくく
なってしまいますので注意しましょう。


 

どんな人がなりやすいの?

この6つの中で、当てはまることが多ければ多いほど、なりやすくなりますので注意して下さいね。

icon_next 野球のピッチャーやゴルフやテニスをやっている人などでホームが悪くなってしまっている方
投球ホームや打つ時のホームがくずれたりして、そのまま競技をおこなっていると肘に負担がかかってしまいます。 

icon_next 肘に負担がかかる仕事をしている方
重い物を持つ仕事の方や肘を張ったり上げたりする仕事(美容師さんや理容師さんなど)の方など。

 

icon_next ストレスが多い方やストレスをうまく発散できない方
ストレスが多い人は、自律神経の交感神経(活動や緊張)が優位になってしまっているので、寝ても
体が休まりづらく、疲れがうまく取れないので筋肉にも負担がかかってしまいます。

 

icon_next運動不足の方
運動をすることによって、普段使わない筋肉が強化されたり、各関節の動きがよくなったり、ストレス
の解消になったりするので、運動不足の人は注意です。

 

icon_next 寝不足の方
人間は寝てる間に体を回復させます。睡眠時間が短い方は体の回復をしないまま、仕事や家事などをして
しまいます。それが繰り返されると、どんどん疲れや疲労がたまり体に負担をかけます。

 

icon_next スマホを長時間、毎日操作している方
毎日、長時間スマホの操作をすることによって肘に徐々に負荷がかかっていきます。
限界が来たところで肘の痛みや肘が伸びなくなってしまいますので注意が必要です。


 

予防するには?

スポーツ選手は、投球ホームやスイングなどのホームの改善と適度な休息を取るようにしましょう。
少しでも痛みが出たら無理しないようにしましょう。

あと毎日、体操やウォーキングなどの全身運動などで身体を動かすことがとても重要です。それと、生活習慣の
見直しが大きな予防になります。

それと、身体の柔軟性の低下や関節可動域の低下など。

肘に負担がかかるお仕事をされている方は、30分に1回、伸びをして肘や手や肩、身体を伸ばす。ストレッチなど
をする。休日はしっかり休んだり、楽しい趣味などを行って、ストレスを発散する。ちょっとした生活習慣の改善
で予防できますので、みなさんチャレンジしてみて下さいね。


 

開成カイロプラクティックSIOの肘の痛みの施術法

なった方でしたら解ると思いますが、肘が痛くなると痛みやシビレでつらい、大好きなゴルフやテニス、野球など
のスポーツが出来なくなって面白くないですね。あと手が使えなくなるので日常生活に支障をきたすので不便にな
ってしまいますね。

いつ良くなるのか?不安ですね。

安心して当院におまかせ下さい。

当院は基本的に痛い施術はいたしませんのでご安心ください。

さまざまな肘の痛みを施術して来ました。その時の経験を生かして、より早く良くなるように施術しております。

原因はさまざまあります。肘そのものが原因の場合もありますが、もともとの原因は首や肩、手や背中が
原因の時もあります。または肘から離れている足が原因の場合もあります。一つ一つ検査し原因を見つけて行きます。
痛みやシビレが出てからの期間が長ければ長いほど、原因が複雑化し良くなるまでの期間がかかってしまいますので、
早めのご来院をおすすめいたします。

当院オリジナルの「SIOメソッド」で早期に症状を改善へと導いて行きます。また、家でできる簡単な体操やセルフケアなども指導していて、みなさまに大好評です。


 

アクセス

院名 開成カイロプラクティック SIO
住所 〒258-0021 神奈川県足柄上郡開成町吉田島3757-2-B
アクセス 小田急小田原線 開成駅 西口から徒歩1分
マックスバリュ開成駅前店の駐車場向かい。入船食堂の横


 

お問い合わせは今スグこちら!

電話番号 0120-40-4970
icon お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る